DFC組合

活動内容

保証事業

実際に施工を行った業者の保証に加えて、当組合でのバックアップ体制を確立しています。
ひとつの施工物件に対して組合全体で責任を持つ「安心」のアフターサポートシステムです。

バリューズ保証事業

建築の高耐久・長寿命化が求められる現在、見えない部位の透明性は重要なファクターといえます。バリューズ工法は「防水層品質管理システム」に裏付けされた信頼性の高い防水層により、施工後10年、15年、30年の保険付長期保証を実現しました。
また、保証の約束を交わしても、保証してくれる当事者(施工業者)が存在していなければ保証は履行されません。
長期間の保証となれば、なおさら不安になります。
本工法は、「ダイフレックス防水工事業協同組合」に賠償責任保険がかけられているため、保証履行がより確実になります。

バリューズ保証事業

防水層の品質を、長期間(最長30年)保証します。

バリューズ工法は環境対応を前提に、メンテナンス性の向上と屋上利用の可能性を追求した高耐久防水。
高強度な超硬化ウレタンゴム系塗膜防水「プラマックス」の信頼性と防水層品質管理システムの採用により、保険付き長期保証を実現しました。

長期保証の仕組み

長期保証の仕組み

バリュース工法詳細については共同購買事業のページをご覧ください。

リース事業

機械施工システムは、組合員の皆様に迅速で高品質な施工を実現できるよう、吹付け機械と車輌をシステムとしてリース契約が可能となっています。
ご利用につきましては、リース会社に対しダイフレックス防水工事業協同組合が債務保証する事によりリース契約が成立します。

リース事業